2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
headline

スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

民俗学や神話に興味ある奴まったりと語り合おうず  このエントリーをはてなブックマークに追加

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:04:40.32 ID:hGg5ODyE0

柳田国男からクトゥルフ神話までまったりと語り合わないか?
民俗学・神話板もあるが流れが遅いからたまにはVIPでやろうず!



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:05:14.78 ID:ExuDb/0K0

エッチな話がいいです!

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:09:59.92 ID:hGg5ODyE0

>>2
イザナギとイザナギの
『ここにその妹伊耶那美の命に問ひたまひしく、「汝が身はいかに成れる」 と問ひたまえば、
答へたまはく、「吾が身は成り成りて、成り合はぬところ一処あり」 とまをしたまひき。
ここに伊耶那岐の命詔りたまひしく、
「吾が身は成り成りて、成り余れるところ一処あり。
故この吾が身の成り余れる処を、汝が身の成り合はぬ処に刺し塞ぎて、
国土 (くに) 生みなさむと思ふはいかに」 とのりたまへば、
妹伊耶那美の命答へたまはく、「しか善けむ」 とまをしたまひき。』

つまり私の体は完成しているけど凹があるわ

僕の体には凸があるよ、君の凹に僕の凸入れてギシギシアンアンして国を作らないか?

まあ気持ち良さそう♥
ってのがあるぜ?


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:13:28.40 ID:1CCe6yfF0

正直勃起した




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:18:01.25 ID:bBFt56kY0

仏教の世界感は実は古代シュメールから来てるんだよ!!
な話はどこまで信用していいのか
須弥山 →シュメール
アスラ→アッシュル
らしいけど


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:22:46.02 ID:hGg5ODyE0

>>16
あれはクメール山(スメール山)が中国道教のコンロン山にも繋がってなかなかに面白い話
トンデモも多いがアッシュル≒アフラマズダ≒アスラの説は
個人的に有りなんじゃないかと思ってるけどね



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:19:45.68 ID:6rumBm4F0

神話とか民俗学とかそういう要素が入ってるお勧めの本とかゲームとかない?

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:23:32.50 ID:ykDpV3yvO

>>19
ゲームなら九龍妖魔學園紀&東京魔人學園シリーズ、シャドウハーツシリーズ。


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:26:25.05 ID:hGg5ODyE0

>>19
オーソドックスにメガテンシリーズも良いが>>25のもかなりオススメ
あと独特のトンデモじみてるけど良く出来た世界間なら
安彦良和が書いたナムジとか諸星大二郎の暗黒神話とか面白い
あと宗像教授シリーズな



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:32:41.95 ID:geStr3A+0

武士の中で、最強の武神であるタケミカヅチノカミより、負けたタケミナカタノカミを
信仰する人も多く居た理由が「自分より強い相手に挑んだ勇者」
という事とか、武士の考え方とか色々な事も分かって面白い


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:37:49.45 ID:hGg5ODyE0

>>34
そうそう平将門とか楠木正成も時代によっちゃ極悪人になったり守護神になったりする
ところでタケミナカタを祀る諏訪神社で風を鎮める和鎌ってのがあるんだが
それと同じものがアイヌの風神レラカムイを鎮めるのにも使われるという報告があるんだ
一体どこから来たのかなあって不思議に思ってる



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:47:00.40 ID:2IxXi8m2P

多神教は物語として面白い
一神教は思想として面白い
二神教は勧善懲悪的で面白い
と、思ってる。

カルヴィニズムから資本主義への流れとかは
如何にも全能の神を前にした無力な人間っぽくて
凄く共感した記憶がある。


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:49:08.76 ID:8NCZoo5H0

>>56
日本人は高校生ぐらいでプロ倫を読むべきだよな
一神教への誤解を解いておくべきだ


例えばアッラーとヤハウェが同じ神とか、日本人は聞きかじりでそういう勘違いをしちゃう


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:51:13.56 ID:lWrg4fQI0

>>59
あいつら同じじゃないの?


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:53:20.50 ID:8NCZoo5H0

>>61
同じ神だとコーランには書いてるが宗教学的にも全く別物だ

一番大きいのは、ヤハウェは完全に予定説を採ってて人間の事情など考えないが、
アッラーは予定説と因果律、そのどちらも採用していること。これは同じ神とはいえない


410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 01:52:54.52 ID:vzd6TIyhO

>>64
は?同じ神だろ
宗教が違うなら考え方も違うわ
頼むから浸るのだけはやめて


※アッラーとヤハウェが同一かという解釈は微妙なようです
 わかりやすくガンダムで例えると基本構造が同じだけど性能のまったく違う
 アナハイム社ハイザックとジオニック社ハイザック、果たして同じハイザックか?みたいな話です


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:02:35.98 ID:LJhBST4C0

´ω`)ノ >>59 プロ倫って何ですか???????????

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:04:32.64 ID:8NCZoo5H0

>>80
マックス・ウェーバー著『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』
人文系の大学生ならほぼ100%読まされるほどの名著

プロテスタントの禁欲主義が資本主義の精神を作ったという有名な主張


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:48:47.37 ID:7cNIBrun0

樹にしめ縄を巻く行為ってどんな意味があるの?

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 20:58:50.18 ID:7bdV/2D40

>>58
神様が居るよ(来るよ)って所の印。
しめ縄は結界や依り代としての用途もある



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:06:08.35 ID:RDRYj94uO

「アマテラスが自宅警備員になっちゃったんだけど・・・」
「アイツん家の前でストリップすりゃいいんじゃね?」

何神話って日本以外もこんなフリーダムなの?


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:09:53.05 ID:ykDpV3yvO

>>84
ギリシア神話の主神のフリーダムさは異常


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:10:37.19 ID:ZlxY56Ut0

>>84
うろおぼえだがインド神話だと

「夫がお風呂覗くから子供に見張りさせました」
「妻がお風呂に見張りを置いたので、首ちょんぱしました」
「何すんだこの宿六!とっとと生き返らせんかい!」
「仕方ないので、その辺の象の首くっつけました」

ってのがあるな。


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:12:44.30 ID:lWrg4fQI0

>>95
シヴァとパールバティとガネーシャかw
最初に会ったから象でいいやってダメだろwww



父:シヴァ(子の首切って象乗せた人)
母:パールバティ(そんなシヴァにキレた人)
子:ガネーシャ(象の頭乗せられた人)


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:14:09.62 ID:RDRYj94uO

>>95
象ワロタwww
仕方ないってレベルじゃねーぞ!


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:08:20.38 ID:NVMMUG78O

神話は基本的にフリーダム
手足ぶった切るとか、兄弟が結婚とか余裕



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:16:55.77 ID:+G4BxUe5O

今日は冬至
クリスマスはキリストの誕生日ではなくて、本来は冬至の日を太陽神ミトラの誕生日として祝っていたのが起源




112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:20:14.03 ID:hGg5ODyE0

>>104
ゲルマン人の冬至のユール祭もクリスマスに同化されてるしな
柚子風呂で暖まりながら饂飩やカボチャ食らう日本式も乙なもんだが
歳神なんかのマレビトの来訪も関係あるんだったっけか



もう少し詳しく知りたい人用
クリスマスの起源



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:21:12.19 ID:xR71YUuDO

今まで全くこっち系に興味が無かったんだけど
最近、マレビト信仰に物凄く惹かれてるので
民俗学に詳しいエロイ方、おすすめの書籍を教えてクレ。


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:23:36.54 ID:keYubuiK0

マレビトってなんですか?


119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:25:29.27 ID:OKQBJcVZP

>>118
マレビト(稀人・客人)は、時を定めて他界から来訪する霊的もしくは神的
存在を指す折口学の用語。折口信夫の思想体系を考える上で
もっとも重要な鍵概念の一つであり、日本人の信仰・他界観念を
探るための手がかりとして民俗学上重視される。


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:28:18.55 ID:QFduZMes0

ハーメルンの笛吹き男ってマレビト?

マレビト=まろうどがみ?

まろうどがみ←→アラハバキ?


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:32:09.59 ID:hGg5ODyE0

>>124
あれは十字軍への勧誘だとか言う話があったはず
アラハバキは確かにその手の話あるな
製鉄神とか言う説もあるけど

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:32:22.42 ID:Rs5DK1Y70

>>124
いやそれは天然痘の免疫の話が有名だな
ググるとなんぼでも出てくる


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:33:53.56 ID:QFduZMes0

>>131-132
>十字軍の勧誘
子供たちが誘拐されて奴隷船に乗せられたって奴だっけ
>製鉄神

>天然痘の免疫


ググるのめんどいからかいつまんでおせーて^q^ウヒヒヒヒヒヒwwwwwwww


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:38:05.58 ID:hGg5ODyE0

>>135
アラってのは製鉄のとき出来る鉄滓の事だって言う説があって
ハバキはハハ=蛇の事だとも、羽吹や火吹や息吹で鞴のことともいうから
製鉄神ではねーかって説


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:39:10.30 ID:QFduZMes0

>>137
そうなんだ!!土着神のことしか知らなかったよ…㌧クス


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:43:38.70 ID:hGg5ODyE0

>>138
そこら辺は先人が沢山本出してるから読んでみると良いよ

韓国起源説は余り安易に認めたくないんだが
クシイナダ姫の風土記中の呼び方のクシイナダミトヨ「マヌラ」姫ってのが
古代~中期朝鮮語の皇后への尊称マヌラ(転じてカカアの意、嫁はミョヌリ)
と良く似てるのは興味深いスサノオは半島経由だし



143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:47:37.59 ID:bBFt56kY0

今そこら中にある八幡神社も八幡自身は万葉集にも日本書紀にも記述のない神で渡来神って説があるしな
ただ諸外国に同定出来る神がいないらしいが



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 21:52:15.34 ID:hGg5ODyE0

>>143
あれは日猶同祖説の連中がイェフダー(ユダヤ)が語源とかいってるが
そのまま軍旗をヨリシロにした可能性が高い
モンゴルでもオボって塚に木を立ててハタクって言う布を付けるし
馬韓でも蘇塗(ソッテ)っていう立ち木に鐸や布を掛けるから
そこからしたら蒙古やツングースの連中の祭祀が朝鮮半島経由で伝わったとも考えられる



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 22:01:43.92 ID:bBFt56kY0

>>145
まあそうなんだろうけどさ
でもまぁユダヤ人は中国にまで来てたらしいよ
1600年代までは確認されてる
その頃にはもうユダヤ人でありながら商売の為に道教学んでたらしいけどw
足軽の語源はペルシャから来たなんて奇説もあったなぁ
ペルシャ語で兵士を意味するアシュガーとかなんとかそんな感じの単語から字を当てはめたんだと


171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 22:31:42.44 ID:Ofh9kYfeO

六地蔵って何で「6」なの?

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 22:40:09.16 ID:hGg5ODyE0

>>171
仏教の六道(天・人・畜生・阿修羅・餓鬼・地獄)を回って救うから。
六観音が当てられることもあるけど


179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 22:42:49.09 ID:bBFt56kY0

クルド人の宗教であるヤズディ教について詳しい本とかないかな?

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 22:48:08.97 ID:hGg5ODyE0

>>179
孔雀天使(マーラーク・ターウース)の奴か
どうだろうな~現在でも存在してる異端派ってのは
大抵被差別で難民化してるからねぇ
実際マニ教なんかのグノーシス的なのもあんま見つからん


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:20:39.94 ID:dYtwnYpmO

中学生のころギリシャ神話と日本神話の類似性が気になったことを思い出した
気になっただけで今は全然関係ない道に進んだから引っかかったままだ
誰か教えてくれ



215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:27:42.65 ID:2Iqm2oTl0

>>202
オルフェウスとイザナギの冥府/黄泉くだり
デメテルとアマテラスが岩にひきこもって暗くなる


217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:28:21.54 ID:liXp8BD60

>>202
吉田敦彦って人が色々書いてるから著書でもググれ


206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:24:09.49 ID:mDtNOaqtO

やっぱり、神話とかで気になるのは蛇神の存在かな
蛇に限らず爬虫類かもしれないけど自分の知ってる限りではほとんどの神話に出てくると思う


208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:25:03.56 ID:dm+RGR8a0

蛇神ってインドのイメージしかない


219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:29:00.02 ID:mDtNOaqtO

>>208
ナーガ
ウロボロス
ミドガルズオルム
ケツアルコアトル
八岐大蛇…etc
他にもいろいろあると思う


223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:31:06.09 ID:dm+RGR8a0

>>219
ナーガやオルムはともかくウロボロスや八岐大蛇を蛇“神”で括りたくない個人的感情がある

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:35:21.25 ID:mDtNOaqtO

>>223
悪魔=異民族の神
ってよくあるパターンだったから…

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:30:23.50 ID:bBFt56kY0

ナーガラジャ?
ってか最近は神話に登場する悪役を無理矢理被征服者の信仰だった~
と後世の人間が言ってるだけな気がしてきた
日本書紀に登場する天津甕星は茨城にいた民が信仰していた
金星の神様って事に今ではなってるけど
金星が主な崇拝対象って実際には考えにくいんじゃないか?


228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:33:11.73 ID:Ywm1d3yg0

金星は太陽でも月でもない星なのに光り輝いてるから神秘さを感じても不思議じゃないんじゃないかな
西洋でもルシファーが崇拝じゃないけど強キャラ扱いされてるし


238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:37:24.72 ID:bBFt56kY0

>>228
ルシファーは後付だし他の神話でも金星は主神の次点の存在が多い
主神ってのはちょっと聞いたこと無い


240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:38:56.93 ID:ykDpV3yvO

アイヌ神話と北欧神話にも類似点が多いと聞いた事がある

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:44:34.67 ID:dm+RGR8a0

アイヌはマンキンレベルの事しか知らないな
狼が祖先とか、コロボックルとか

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:45:58.31 ID:2Iqm2oTl0

>>247
狼祖先はローマじゃないか
そんな話地元で聞いたことないぞ


251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:46:08.18 ID:RDRYj94uO

>>247
暫くROMってたが、スレの内容が専門的過ぎて
マンキン読んで民俗学に興味を持ったとか言えない


253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:47:59.29 ID:bBFt56kY0

>>251
俺メガテンで神話に興味持ったわ


255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:49:12.39 ID:ZjhbWffT0

俺マスターキートンとスプリガン


256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:49:53.40 ID:ykDpV3yvO

>>251
俺なんかゴッドサイダーだぞ

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:51:08.71 ID:dm+RGR8a0

>>251
俺なんてジョジョだ。
きっかけなんてそんなものだよ



269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/22(火) 23:58:49.76 ID:dm+RGR8a0

神話語るのも面白いけど、田舎に伝わる小さい説話も面白い。
俺の地元に『一ツ目神社』って神社があるんだが、その神社にある池、神様の目玉が落ちてできたらしい


272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:00:21.36 ID:8YC7WxBy0

>>269
なんの暗喩や習合なのか気になるなw


277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:03:55.08 ID:zZL1xGRs0

>>272
不動って山と彦岳って山が首相撲した時に行司してた神様の目ん玉らしい。
相撲した時に不動の首は飛んで山に落ちて「不動岩」になったんだが、その時に一帯に血がまき散らされたので、俺の田舎は赤土なんだと。


285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:08:04.09 ID:8YC7WxBy0

>>277
面白いなぁ
行司の目が池になるのか
血のせいで赤土になったってのは他でも聞いたことのあるパターンだな


300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:13:54.36 ID:zZL1xGRs0

>>285
首相撲ってのが、首に縄巻いて引っ張り合うってものなんだが、不動と彦岳で決着がついた時に
縄が千切れて神様の目に当たって、それで目玉が飛んだとか。
神社にご本尊があるんだけど、片目がないので夜見るとかなり怖い。

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:02:39.39 ID:O+XFebod0

>>300
オカ板の山怖から興味を持った俺はそういうのが好きだな
地元の民話集を集めたりしてる

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:06:26.05 ID:oc3Va0Iv0

俺の地元には「おしんさんの嫁入り」っていう風習があって
みんなで行列組んで町を練り歩くんだけど
これ狐の嫁入がもとになってるらしいんだよね



287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:08:29.05 ID:SAK5KwdhO

地元バレするかもしれんけど、実家(漁師町)の方では恵比寿信仰があるな。
『えべっさん』って言うんだけど、稲荷神社の前にえべっさんの像があって、その鼻を削り取って持って帰ると大漁に恵まれるんだとか。
但し、削ってるところを見られたり、その鼻を持ってる事は『絶対に』見つかってはいけないらしい。

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:13:00.56 ID:FMJ5TG3N0

>>287
丑の刻まいりっぽいな
呪術的行為は決して見られてはいけない、みたいな


305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:15:39.70 ID:8YC7WxBy0

湿布のトクホンの名前の元になった
永田徳本の墓も腫れ物に効くということでゴリゴリ削られてるとか
永田徳本自体も伝説的な逸話に事を欠かない人物だが


309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:17:45.86 ID:O+XFebod0

お地蔵さんの首がないものが多いのは、昔は博打やるときに首をふところに忍ばせといたらご利益があるって思われてたかららしいね
そして負けたらそのままポイ


341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:35:21.21 ID:uTLFVaXrO

なんか民俗学に興味わいてきたwwwwww
俺大学で国史専攻だけどこっちに傾倒しても問題ないよな?


347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:39:40.93 ID:SAK5KwdhO

>>341
俺も好きで調べてるけど、それで飯食っていこうとするとかなり難しいから注意なw


345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:38:33.42 ID:OoOhRoW20

足洗い邸の住人たちって漫画で
日本神話には人間作った描写が無いってみたが
たしかに泥とかから作られてないよね


357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:45:42.83 ID:uP3XWbwV0

>>345
日本神話は世界創生の部分が実のところかなり後期になってからの付け足しと思しき状態で
未完成っぽいまま放置されてるからね
古い神話は大和朝廷が太陽信仰に乗り換える際に大分削除されてしまったし
(天照大神と呼ばれる神も初期は男の蛇神だった可能性が結構あったようだ)
仏教導入のいざこざでその手の神話の担い手だった物部はぶっ潰されちゃったし
記紀編纂の頃にもなると、蛇のイメージが悪化してて完全に敵として扱われるようになった

今の日本神話は本来の日本神話のキーパーツがかなり落ちた状態なもんで
神話物語としてはかなり不備が多い


360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:47:15.43 ID:krvQJkyd0

民俗学ってよく学問として成立してるよね

362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:48:38.20 ID:krvQJkyd0

民俗学は妄想学

言ったもん勝ちの世界


364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:49:09.18 ID:uP3XWbwV0

>>362
説得力勝負なところがあるのは否めない事実だが
それにしたってちゃんと証拠集めないと相手にされんぜ


367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 00:56:53.70 ID:ikflV8Ze0

世界レベルで、文化的交流はありえないはずなのに神話とかに類似した
要素が読み取れるような事例って結構あるの?


372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 01:03:29.74 ID:uP3XWbwV0

>>367
日本のヤマタノオロチとヒッタイトのイルルヤンカシュ
どちらも大きな蛇で多頭
さらに酒で眠らされて殺される点も酷似してる

日本と世界各国の神話の比較なら日本神話の源流という本が最近見た中では面白かったな


369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 01:01:21.28 ID:Dok00ukn0

一番古い鬼の伝承ってどんなの?

374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 01:05:59.48 ID:6YQUTEMG0

日本の鬼観は複雑だな
「漂着した外国人」って見方もあれば、「やたら強い山伏」やら「土着信仰の人々(土蜘蛛とかと同じ感じ)」やら、一方、藤原千方の4鬼だとか

中国のは死者が蘇る云々ってのだっけな?
キョンシーだとかはブードゥーだっけな?



380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 01:13:39.81 ID:uP3XWbwV0

>>374
死んだ人が「鬼」になる
死人は「魂」と「魄」によって構成されてるんだけどどちらにも死人を示す「鬼」の字が入ってるだろ?
だから死人の精神を示すタマシイは「鬼」になった人が物を「云」うし「云」は「雲」と同音で掴み所の無い様も示してる
魄は「白」い「鬼」(死体)って事で死んで青白くなった人を示してると言われてる

これが現代日本の「森羅万象に宿る邪悪の化身」的なイメージにどう変遷してくのかはよくわからんが
「魂」の作用する意味が強調されて古い鬼は怨念や妄執の化身のような存在が多いな


384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 01:20:58.51 ID:tG909VduO

日本には宇治の橋姫みたく生きながら鬼になる生成もいるが、
生きながらって事はやっぱり鬼は死人がなるんだろうな



386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 01:24:48.66 ID:6YQUTEMG0

でも酒呑童子伝説とか見ると、別に死んでないんだよな
鬼系統の話はパターン多すぎ


388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 01:31:03.75 ID:uP3XWbwV0

>>386
鬼パターン多過ぎ、というわけでなく「鬼」の概念を(変質させて)輸入した後
妄執の虜、邪悪な存在、その他諸々の悪い奴が全部「鬼」で纏められてしまって原型がゆがんでるんだと思う



413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 01:57:36.51 ID:KdYzT9ba0

なあ、蝦夷ってなんなの?

414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 01:57:56.88 ID:uP3XWbwV0

>>413
大和朝廷の敵


439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 02:28:33.36 ID:GzZJeTlDO

もしもしですまんがギリシャ神話とかおすすめの神話本教えて


441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 02:30:05.61 ID:j+TJ9pAcP

>>439
ちょっと興味ついでならアニメイトあたりに売ってるギリシャ神話の本を買うといい
そこそこの価格で内容そこそこ。

同じシリーズでいろいろ厨二臭いのがあるから、その辺も手出すと面白いよ


511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 06:05:24.05 ID:9AXlUcvi0

ここ読んでると自分の知識の薄っぺらさを感じて凹んでしまった・・・

512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 06:07:23.95 ID:j+TJ9pAcP

安心しろ東方ネタだけで知った顔して語るやつよりマシだ
オカオタとして好きだけどあれも所詮二次創作なんだよなあ
最近のゆとりはその辺り理解してないから困る


538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 06:57:50.26 ID:iQP75lb+O

遠野の河童が赤いのは何で?

553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 07:53:30.77 ID:mJ4Ok00eO

>>538
河童の機動性が三倍


554 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/23(水) 07:54:55.83 ID:9AXlUcvi0

>>553
つまりズゴックか









関連
日本におけるフェラチオの歴史
かごめ~かごめ~ 籠女

[ 2009/12/25 07:17 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(91)
    最後はふざけちゃうのね
    [ 2009/12/25 07:44 ] -[ 編集 ]
    蛇関連の民俗学といえば吉野裕子
    強引な解釈も多いけど、単純に読み物として読む分には面白い
    鬼の語源は「隠(おぬ)」目に見えない恐怖という意味
    >>380は後から中国から入ってきた考えだな
    [ 2009/12/25 07:47 ] -[ 編集 ]
    民俗学とか民話とか本格的にやろうと思ったら
    フィールドワークせんといけんからなーめんどい
    [ 2009/12/25 08:02 ] -[ 編集 ]
    サイレンから入りました
    [ 2009/12/25 08:29 ] -[ 編集 ]
    わたしはペルソナから
    [ 2009/12/25 08:44 ] -[ 編集 ]
    サルタヒコの神もアメノウズメ(ストリップの人)の肉欲接待+嫁入りで
    新しいアマツカミを受け入れたという事だけど
    元々は関西地方の太陽神だもんね
    今じゃ塞神とかだけどさ

    こういう物は誰でもいいから記憶して、残していく事が大事なんだね
    [ 2009/12/25 09:15 ] -[ 編集 ]
    「鬼」と書いて「モノ」と読みもしたようだよ。(@折口信夫)
    古典の年代順に描写を拾い集めて読んでいくと、「見えないもの、よく分からない、正体不明のもの」が「鬼」と表現されていたようだよ。
    現在の私達のイメージする「鬼」の形に大きな影響を与えたのは、やっぱり地獄絵(仏教説話)なんだろうね。
    ちなみに、「霊」って言葉も調べていくと面白い。紫式部の源氏物語以前はなんというか、「人間の魂(みたま)」といったイメージで負のイメージが少ない感じだったのが、紫式部が源氏物語で「もののけ」と「霊」という語を併用され出したことから、現在の私達に通じるイメージが出来た。

    言葉は生き物なんだな、と思ったよ。
    [ 2009/12/25 09:52 ] -[ 編集 ]
    サザンアイズだったかな
    [ 2009/12/25 10:19 ] -[ 編集 ]
    昔、インドのシヴァが大黒様と知って驚いたことがある。
    丸くなりすぎだろ・・・。
    [ 2009/12/25 10:42 ] -[ 編集 ]
    注目エントリーの翠星石がクリスマスバージョンですね
    かわいいw

    ウンタマギルーなんかもありなのかな
    あまり奥深い話ではありませんが
    [ 2009/12/25 11:23 ] -[ 編集 ]
    「禁断の実」とか「洪水伝説」とか、
    シュメール(アッカド?)の神話には聖書の元ネタが多くて面白い。

    あとヨブ記トラウマ
    [ 2009/12/25 11:56 ] -[ 編集 ]
    遠野の河童が赤いのは元が子どもや赤子だったはず
    [ 2009/12/25 12:03 ] 4JcWZNxE[ 編集 ]
    マンキンでアイヌに興味持って大神で日本神話に興味が湧いた
    [ 2009/12/25 12:13 ] -[ 編集 ]
    竜の柩から興味を持った
    [ 2009/12/25 12:13 ] -[ 編集 ]
    デメテルとアマテラスの話の共通点って『日食』のことじゃね?
    [ 2009/12/25 12:43 ] QJygcq7g[ 編集 ]
    まったく付いていけないです
    [ 2009/12/25 12:45 ] -[ 編集 ]
    iTune経由でざっくり日本神話説明してるオーディオブックで勉強したんだが、日本神話って古くなれば古くなるほど神様ヒトデナシになってくんだよな。

    天孫降臨のニニギノミコト、
    嫁さんのコノハナサクヤヒメと一晩の契りを交わしたあと、
    サクヤヒメが「子供ができました!」って報告に行ったところ、
    「一晩でできるとかありえねえ、俺の子じゃない!!!!」

    ヤったのは事実だろうにwww
    [ 2009/12/25 12:47 ] -[ 編集 ]
    ガネーシャの話ひどすぎw
    [ 2009/12/25 12:50 ] -[ 編集 ]
    キリストの墓が青森にあるって
    初めて聞いたときは吹いたなw

    天狗は天のイヌなのに犬じゃないし
    海外からの影響も受けながら独自の
    変化を遂げてるのがおもしろい
    [ 2009/12/25 12:55 ] -[ 編集 ]
    鬼は「隠に(おに)」が転じたもので良くわからないけど怖いものって意味だったきが
    [ 2009/12/25 12:58 ] -[ 編集 ]
    私なんかなぁ……私なんかなぁ……


    あの夏のホルマリン


    なんつータイトルのBL小説が切欠で人文学科入ったんだぜぇええええ(涙目)
    [ 2009/12/25 13:01 ] -[ 編集 ]
    エジプト神話は!?ねえエジプト神話は!?
    [ 2009/12/25 13:01 ] -[ 編集 ]
    民俗学と神話学って全然別物じゃないか。どっちも好物だからいいけどさ。
    大学時代、神話学の講義を聞いたら、神がダメなヤツばかりにしか思えなかった。まぁ人じゃなくて神だから、考えの尺度が違いすぎるんだけど。
    逆に最近の物語の人外は人と分かりあえ過ぎ。ただ人に似た外見だからって打ち解けすぎだろ、常考。

    個人的にどこぞの賢狼様みたいな人型をとった獣を、性の対象として見ている人たちがおぞましいのだが、異類婚姻譚は昔からよくあるんだよな。
    昔から人型であれば、獣でもかまわずに喰っちまう男の日本人だから、変態が多くても致し方ないのか。
    [ 2009/12/25 13:01 ] -[ 編集 ]
    もっとムラレベルで語られ始めたころの神話に興味があるんだけど
    あとある地域のウタとかも神話として捉えると面白いよね
    [ 2009/12/25 13:27 ] -[ 編集 ]
    自分は学校の怪談から民俗学に興味持ったからこのスレは微妙に合わんな
    もっと妖怪の話もしようぜ
    [ 2009/12/25 13:31 ] -[ 編集 ]
    そういえばレヴィ・ストロースが今年亡くなったな
    ニュース聞いたときまだ生きていたんだと思った
    [ 2009/12/25 13:35 ] -[ 編集 ]
    ※17
    ギリシャ神話も酷いぞw

    デメテルはゼウスの姉なんだけど、ゼウスに無理やりハメられた挙句孕まされて、出来た子供は可愛がってたんだけど、その子供をゼウスの企みで冥界に送られて激怒→隠れる

    って話だからな。
    [ 2009/12/25 13:52 ] -[ 編集 ]
    現在残る神話は古代の政治からも強く影響を受けてる。
    スレで出てるアマテラス男神説もそうだが、
    ギリシャのゼウスが精液スプリンクラー状態になったのも
    あっちこっちの王族豪族がゼウスとの血縁で箔をつけたくて
    通婚神話をこじつけたりでっち上げたりしたせいらしい。
    [ 2009/12/25 14:11 ] -[ 編集 ]
    青空文庫に折口信夫の著作や論文がどういうわけか死ぬほどいっぱいあるから、それ読むといいよ。
    折口は独特の考え方も多いけど、面白いのは断言できる。
    [ 2009/12/25 14:17 ] -[ 編集 ]
    國學院生が多そうなスレですね
    [ 2009/12/25 14:21 ] -[ 編集 ]
    ※25
    まあ日本に関した話をピンポイントで話し合うスレじゃないからな、仕方ない。

    俺としては神仏混合とかそういうのあまり好きじゃないんだよな。否定はしないんだが例え文化やら風習が違うとしても同じ人間である時点で似たような考えが起きるのは普通にありえるし、たまたま似たような外国の神様が居たからとして同じ神様として扱うのはどうかなと、まあ個人的な考えだけど。
    [ 2009/12/25 14:35 ] -[ 編集 ]
    ※31
    神仏混合に限らないけど、それまで交流のなかった異文化の神様が文化と共に入ってくるとき
    元もとの地域はその地域が世界の中心と思ってるし、
    その世界はその地域の神様が作ったと考えてる
    だから、一番手っ取り早く異文化の存在を認めるには
    「あそこの神様、名前と姿がちょっと違うけど、うちの神様が姿を変えて出張してるだけで同一の神だよ」
    って言う風に納得したほうがそれぞれの信者的にも衝突が少なくてすむ

    でないと二つの宗教間で「おれの神様が世界作ったんだこの偽者め」
    「うちの神様こそ世界を作ったんだこの嘘つきめ」
    ってなるしね…


    まあ「神様の威光が届かない辺境の蛮族だから、神様を誤解・湾曲して異端の宗派になっちゃってる
    これを矯正しなければ!」っていう解釈で無理やり信仰押し付けてる例もあるけど…
    [ 2009/12/25 14:53 ] -[ 編集 ]
    ご、>>512でギクッと来てしまった
    すいまえんでした;;
    [ 2009/12/25 14:57 ] -[ 編集 ]
    ハイ、確かに俺の持ってる日本神話の知識は殆ど東方からです
    いや、自慢げに話したりはしてないから一応大丈夫・・・・のはず・・・・・
    [ 2009/12/25 15:24 ] -[ 編集 ]
    海外の日本史は神話から始まるそうだ。

    俺もうかうかしてられんな。
    [ 2009/12/25 15:35 ] -[ 編集 ]
    うみねこで悪魔悪魔って連呼してるけど、げんなりするわ
    ちゃんと悪魔の起源を勉強してから出せっての
    「そういう世界観なんです」ってならまあいいかなと思うが、そういうのとはまた違うからな
    というか魔女が千年生きてるくらいで生き飽きるかっつーのwwwww仙人見習えよwwwwww
    [ 2009/12/25 16:04 ] -[ 編集 ]
    ※31
    神話とか信仰は、RPGのために書かれた設定資料じゃないからな。
    習合も含めて、なぜそう信じるに到ったのか、人々はその神にどんな気持ちを託したのか、
    という面に目を向ければそれはそれで楽しい、
    と言おうと思ったけど※32の後では蛇足だな
    [ 2009/12/25 17:19 ] -[ 編集 ]
    古事記は判り易すぎるくらい明け透けな征服記だよな
    こんな話しを正統性の元にしていいのかと驚いたな、正直
    [ 2009/12/25 17:36 ] -[ 編集 ]
    諸星大二郎は「暗黒神話」よりも「マッドメン」が非常におすすめ
    [ 2009/12/25 17:43 ] -[ 編集 ]
    百鬼夜行とペルソナからだな
    小説でなにかお勧めありませんか?
    [ 2009/12/25 18:29 ] -[ 編集 ]
     物部氏は祭祀氏族じゃなくて呪物管理氏族。
    [ 2009/12/25 19:01 ] -[ 編集 ]
    ミシャグジ、シャグジ、シュグジ、ミサグチと呼ばれ、諏訪大社におけるミシャグジ神が有名だが、東日本を中心に日本各地にも信仰が見られる。
     御社宮司、御左口神、赤口神、尺神、杓子神、守公神、などその音と表記は200種にも及ぶ。
    [ 2009/12/25 19:11 ] -[ 編集 ]
    イザナミと完全に離縁した。その時に岩を挟んで二人が会話するのだが、イザナミが「お前の国の人間を1日1000人殺してやる」というと、「それならば私は、1日1500の産屋を建てよう」とイザナギは言い返している。
    [ 2009/12/25 19:17 ] -[ 編集 ]
    厨n・・・いやなんでもない・・・・
    [ 2009/12/25 19:28 ] -[ 編集 ]
    神話の神々って大抵㌧でもだよな
    ギリシャ神話とかゼウスとかヘラが居ないだけでどんだけ平和かw
    [ 2009/12/25 19:50 ] -[ 編集 ]
    >>米40
    ミステリ好きなら北森鴻の「蓮丈那智フィールドファイルシリーズ」をお勧めする
    京極夏彦みたいな派手さはないけど、事件と民俗学をうまく絡めていて面白い

    …ええ、私は中学の時に呼んだ京極堂シリーズに衝撃を受けて大学で民俗学を専攻しますた
    お陰様で今では立派な小松和彦儲です
    [ 2009/12/25 19:57 ] -[ 編集 ]
    ハイザックの喩えは物凄くわかりやすいな
    [ 2009/12/25 19:59 ] -[ 編集 ]
    ※27
    文化的折衷案としての意味合い以外に、基本的に
    世の中何故理不尽なのか→そうだ。神が俺らを試してるんだ
    って思考で神話作ってるから、基本的に無駄に人間嬲って
    楽しむDQNの群れと化してるからな
    [ 2009/12/25 20:31 ] -[ 編集 ]
    ※32 ※37
    なるほどな・・・、その考えはなかったわ。
    確かに昔は自分の国以外を知らなかったり自分の国がすべてだと思っていてもおかしくないもんな、それなら確かに混合に考えたほうが都合がいいんだろうな。

    俺はそれぞれの国の神様が日本なら日本を他国なら他国をって感じに世界をそれぞれ作ったと解釈して思ってたからその考えが思い浮かばなかったよ、いい話を聞いた、ありがとう。
    [ 2009/12/25 20:55 ] -[ 編集 ]
    エジプトだっけ?
    オナニーで世界を創ったのは
    [ 2009/12/25 20:56 ] -[ 編集 ]

    我が家のお稲荷様。からでした
    [ 2009/12/25 21:10 ] -[ 編集 ]
    東方のネタは表面的なデコレーションの域を出てないからな。
    根本的には神話ネタがなくても成立する。ネタの強化以外に特に意味はない。
    考証も作品構造も雑だからね。あれはあれで面白いから好きだが、民俗学ネタではないな。
    [ 2009/12/25 21:27 ] -[ 編集 ]
    黄泉醜女が日本で最初の鬼じゃなかったっけ?

    んでもってそいつから逃げるときに
    桃とかを投げて追い払った、
    それが桃太郎の話の元になったって言うのを聞いたことがある。
    まあ桃は昔から神聖なものだといわれていたから、
    関係ないのかもしれんが。
    [ 2009/12/25 21:29 ] -[ 編集 ]
    どう考えてもメガテンからです本当にありがとうございました
    旧約聖書のレヴィアタンってただの巨大な海蛇かと思ったけどあいつ悪魔学だと海軍大提督なんだな
    悪魔の世界も財務大臣とか娯楽管理者、長老等と職業があるらしい
    [ 2009/12/25 21:30 ] -[ 編集 ]
    ここまで諸星大二郎なし。

    あと「ヤマタイカ」は面白かった。
    [ 2009/12/25 21:36 ] -[ 編集 ]
    七つの大罪だったらベルフェゴールが好きだ。
    ベルゼブブも捨てがたいけどな・・・
    俺自身は暴食ってより怠惰の方が強いしw

    ベルフェのイメージ?トイレに座ってry・・・
    [ 2009/12/25 23:24 ] -[ 編集 ]
    うたわれるもの のスタッフには相当民俗学好きな人が居るな
    用語はアイヌ語もじったヤツだし主人公はモロにマレビトだもんね。
    [ 2009/12/25 23:27 ] -[ 編集 ]
    電撃文庫の「missing」から……ってちょっと違うかなw
    [ 2009/12/25 23:44 ] MV6FwV0Y[ 編集 ]
    絶対アンチ東方が勝手にしゃべりだすと思った
    [ 2009/12/26 00:19 ] -[ 編集 ]
    ここまで、「もっけ」なし。
    [ 2009/12/26 00:52 ] -[ 編集 ]
    水月ってか雪さんから……
    マヨイガには未だに行けず
    [ 2009/12/26 03:02 ] -[ 編集 ]
    最後は逆で占めちゃうところが結構好きだぜ
    編集かも知らんけども
    [ 2009/12/26 04:06 ] -[ 編集 ]
    世界中に蛇神がみられるってのは、やっぱり大河の暗喩に使いやすいからかな?
    日本の場合は姿が荒れ狂う大河、語源が朝廷に逆らう土着の民を表していたらしいが。
    [ 2009/12/26 04:57 ] -[ 編集 ]
    聖闘士聖矢から入ったのは俺だけか・・・
    [ 2009/12/26 07:19 ] -[ 編集 ]
    まほらば→タロット→ペルソナ→メガテン→原典
    でした。
    [ 2009/12/26 10:08 ] CCyMovpA[ 編集 ]
    孔雀王という人はいないのですね…
    [ 2009/12/26 10:44 ] -[ 編集 ]
    ええい! クトゥルーは! ヒュドラはどこぞ!
    [ 2009/12/26 11:34 ] jcJdVjKg[ 編集 ]
    ここまでタクティクスオウガなし
    当時は4~6000年前の黒海周辺地域でそういう信仰があったと信じ込んでた…
    [ 2009/12/26 11:37 ] buI3a3AE[ 編集 ]
    タクティクスオウガはネーミングの引用だけだろ
    コラン・ド・プランシーの地獄の大事典だったっけかの
    設定等は元ネタと全くと言っていいほど関係ない
    [ 2009/12/26 11:56 ] LkZag.iM[ 編集 ]
    とりあえず図書館から吉田敦彦の本を借りてきた。読むぜ。
    [ 2009/12/26 14:27 ] -[ 編集 ]
    里中満智子先生の「マンガで読むギリシャ神話」(タイトルうろ覚え)は入門編としておすすめ
    [ 2009/12/26 14:37 ] -[ 編集 ]
    民俗学に~的なスレに来るといつも思うんだけど、民俗学って伝承とか妖怪とかそんなトピックスだけじゃない。
    確かに魅力的なトピックスではあるけども、庶民の歴史というかなんというか、もうちょっと広い視点で見た方が絶対面白い学問だと思うんだけどなあ。
    [ 2009/12/26 16:51 ] -[ 編集 ]
    ここまでマイクロソフトのAOMから入ったやつなし。
    あれは、なかなか神話好きにはたまらない良ゲーだと思うんだがな。
    [ 2009/12/26 17:24 ] -[ 編集 ]
    民俗学は興味あるんだが神話は全然興味ない俺はちょっぴり異端かもしれん。そして大学では考古学習ってたというワケワカランっぷり。まあ文化人類学の講義も出てたけど。

    今年の二月に真山神社になまはげ観に行ったけど、なかなか興味深かった。あれは典型的なマレビトだねえ。蓑に藁沓といういでたちはよく知られているが、あれは冬の外装だから、「(冬に)外からやって来たモノ」=マレビトであることをビジュアルで端的に表現している。来訪神を観察する場合、その服装にも注意すると面白いんよ。
    で、本来は各家庭を回るんだけど、真山神社のイベントでは舞台で再現するのよ。その時、なまはげが「なまはげ台帳」なるものを取り出して、「記録によればこの家の子は~」って話す場面があるんだが、そんな設定があったことを知らなかったのでちょっと驚いた。それで、なまはげと閻魔大王が習合してるんだなと思い当たった。
    確かに、大晦日と元旦(古い年と新しい年=死と生の交錯する特別な節目)に、山=死者の国から里=生者の国へ来訪し、不届き者を戒める鬼神なまはげと、冥府で死者の裁判を行い、罪人の舌を抜く鬼神閻魔大王は、幾つか共通点があってほんのり似てる気もする。勿論閻魔は来訪神じゃないから、多分役割上の理由から習合したんだろうが、化身か、もしくはミサキの一種として定義されてるのかもしれない。
    そんで、なまはげ台帳っていつ頃から付加された設定なんだろう? 昔からあるのか、それともスタッフの単なる気紛れなのか。手近な資料にはどれにも載ってないんだけど。誰か知ってたら教えてくれ。
    [ 2009/12/26 18:09 ] /02qLiNA[ 編集 ]
    神話にハマッたのはヴァルキリープロファイルかな
    [ 2009/12/26 20:01 ] -[ 編集 ]
    どの神様も人間作ってんのに
    日本の神様は人間作ってないんだよなー

    日本の神様=長生きしただけの人間
    [ 2009/12/26 20:24 ] -[ 編集 ]
    初めてのオナネタが天岩戸でのストリップだったのはいい思い出
    [ 2009/12/26 20:53 ] -[ 編集 ]
    これが本当の神スレか
    [ 2009/12/26 21:27 ] -[ 編集 ]
    ここまで「朝霧の巫女」なし
    [ 2009/12/26 22:00 ] -[ 編集 ]
    興味持ったきっかけになった漫画とかゲームの名前挙げてる奴語り合う気ないだろw
    [ 2009/12/26 22:36 ] /02qLiNA[ 編集 ]
    ヴァルキリープロファイルはいないのか そうか
    [ 2009/12/26 22:38 ] -[ 編集 ]
    蛇神の由来は脱皮を永遠の命に見立てたから
    とういうのが多いと聞くね
    [ 2009/12/26 23:43 ] -[ 編集 ]
    スレ内にレヴィ・ストロースが出てきてない時点でありえね
    地域の神話間での共通点無いの?とか言ってる奴いるのに
    [ 2009/12/27 00:41 ] -[ 編集 ]
    北欧に興味を持つのは
    ヴァルプロより、某女神さま。が多そうな気がする。
    [ 2009/12/27 01:35 ] -[ 編集 ]
    どうでもいいけど、>>6
    イザナギ×イザナギになってないか?
    俺の無知なら申し訳ないがイザナギとイザナミだよな…?
    [ 2009/12/27 11:24 ] XbnZBJT2[ 編集 ]
    ※52
    割かし他のより力を入れたであろうと思われる諏訪信仰でさえかなり雑だしな

    まぁ、諏訪のミシャグジ自体がわかり辛い…

    ※60
    「もっけ」と「新耳袋」は俺のバイブル
    [ 2009/12/28 01:19 ] -[ 編集 ]
    初めてFC版メガテン1をやったのが中一の時だったけど、当時は敵モンスター全部オリジナルキャラだと思ってた
    しかもデザインやネーミングセンスねぇなとか思ってたんだけど、聖闘士星矢のアスガルド編でオーディンとかトールとかメガテンで見た名前があって、あれっと思って調べて見たりしてるうちにはまってたな
    昔のメガテンは日本人にも馴染み深いギリシャ神話の神が殆どいなかったんだよな
    モンスターはいたけど

    ところでスラブ神話に詳しい本って知らない?
    [ 2009/12/28 23:38 ] -[ 編集 ]
    >>87

    あんまり答えにならないけどスラブ神話ならお伽噺方面から探してみたら、場所が場所だから書籍自体手に入りにくいし。もしくは東方正教の聖人ネタの詳細な本、クリスマスといっしょで吸収されたものが多々あるから案外キリスト教経由で異教のことを調べるのも無理ではないと思うよ。
    [ 2009/12/29 04:11 ] m1xx4GkU[ 編集 ]
    uP3XWbwV0がすごいな… 専門家か?
    [ 2009/12/29 05:57 ] -[ 編集 ]
    古い記録はだいたい美化されて伝わる物だが
    そう考えると全然天皇家が美化されてない古事記は優秀な方かもな
    [ 2009/12/30 08:32 ] -[ 編集 ]
    どうでもいいけどガンダムで例えてくれる主に感動した
    [ 2010/01/01 02:04 ] treoO9cI[ 編集 ]
コメントを投稿する




スパム防止のためURLを含むコメントは「h」を抜かないと投稿できません




管理者にだけ表示を許可する
amazon
Tony'sヒロインコレクション 「ぴーす★きーぱー」 デイジー (1/6スケール PVC塗装済み完成品) Tony'sヒロインコレクション 「ぴーす★きーぱー」 デイジー (1/6スケール PVC塗装済み完成品) セブンスドラゴン2020 初音ミク TYPE2020 (1/7スケール PVC塗装済み完成品) セブンスドラゴン2020 初音ミク TYPE2020 (1/7スケール PVC塗装済み完成品) アイドルマスター シンデレラガールズ 渋谷凛 ニュージェネレーションVer. (1/8スケール PVC製塗装済み完成品) アイドルマスター シンデレラガールズ 渋谷凛 ニュージェネレーションVer. (1/8スケール PVC製塗装済み完成品) Fate/EXTRA ねんどろいど セイバーエクストラ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) Fate/EXTRA ねんどろいど セイバーエクストラ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) figma キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク 初音ミク 2.0 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) figma キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク 初音ミク 2.0 (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア) 僕は友達が少ないNEXT 柏崎星奈 Yシャツ水着 (1/7スケール PVC製塗装済み完成品) 僕は友達が少ないNEXT 柏崎星奈 Yシャツ水着 (1/7スケール PVC製塗装済み完成品) 魔法少女まどか☆マギカ 巴マミ (1/8スケール PVC塗装済み完成品) 魔法少女まどか☆マギカ 巴マミ (1/8スケール PVC塗装済み完成品) 変態王子と笑わない猫。 ねんどろいど 筒隠月子 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 変態王子と笑わない猫。 ねんどろいど 筒隠月子 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (6) 初回限定特装版 ねんどろいどぷち付き (SEコミックスプレミアム) 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (6) 初回限定特装版 ねんどろいどぷち付き (SEコミックスプレミアム) 機巧少女は傷つかない 夜々 (1/8スケールPVC塗装済み完成品) 機巧少女は傷つかない 夜々 (1/8スケールPVC塗装済み完成品) 七つの大罪 ルシファー~傲慢の像 (1/7スケールPVC製塗装済み完成品) 七つの大罪 ルシファー~傲慢の像 (1/7スケールPVC製塗装済み完成品) 貧乏神が! 桜 市子 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品) 貧乏神が! 桜 市子 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品) GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE サイコ・ガンダムMk-II (ネオ・ジオン仕様) GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE サイコ・ガンダムMk-II (ネオ・ジオン仕様) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 クロワンピ黒猫 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 クロワンピ黒猫 GOSICK-ゴシック- ヴィクトリカ (1/8スケール PVC製塗装済み完成品) GOSICK-ゴシック- ヴィクトリカ (1/8スケール PVC製塗装済み完成品) Z/X -Zillions of enemy X- 各務原あづみ (1/8スケール PVC塗装済み完成品) Z/X -Zillions of enemy X- 各務原あづみ (1/8スケール PVC塗装済み完成品) リネージュII カマエル (1/7スケール PVC製塗装済み完成品) リネージュII カマエル (1/7スケール PVC製塗装済み完成品)
コメント・総記事数
コメント数:
 総記事数:
検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。